ちりちりの正攻法パチンコの勝ち方

adsense_ad(‘adhedo’)

ちりちりの正攻法パチンコの勝ち方

ちりちり
はじめまして、ちりちりです(^^) パチンコのボーダー理論で、日々稼動してます。 少し気をつける事で、パチンコは勝てます。 その事を一人でも多くの人に、伝える事と 自分の復習のために、このブログを始めました。 どうぞよろしくお願い致します。

☆質問、クレーム、
ご指摘ございましたら、

info@patinko-tiritiri.com
お問い合わせフォーム 
迄お気軽に、ご連絡下さい

些細なことでも愚痴もOK、
冷やかし大歓迎で、
心よりお待ちしています。

Popular Posts

パチンコ、釘の見方2

まいどです。
ちりちりです(^^)/

今回は釘の見方についてサックっと書きます。

多分ですが、釘の見方をサイト等で調べてる人は、
大体の釘の見方分かってると思います。

しかし釘開いてるのに、思ってるより回らん
こんな経験して、釘の見方分からん方が多いと思います。



確かに台毎のネカセ、誇り、油分、個体差等あるので、
一概に言えませんが、釘が開いてるのに回らない、
それは、寄り釘、誘導釘がマイナスです。

例えヘソが開いてても、横のジャンプ釘とか
道釘がガタガタやったら、そら回らんよ。

雑誌もサイトもホールの人間は見てる。
もっと言えばセル版の釘、役物が細かく乗ってる資料も有る。
しかもホールコンピューター(ホルコン)で、玉の打ち出しから、
玉がどこに何個入ったかとか、莫大な情報が蓄積されてる。

そんなホール相手に技術云々で、太刀打ちできるはずない。
所詮パチプロは、ホールに生かされるだけと思う。

話それたけど、雑誌とかサイト等で、
ヘソ、アッタカー、スルー近くの釘は、
詳しく説明が乗ってるます。

そこから重要なのが、その少し前の釘
例えば上から順番に、ブッコミ付近が汚い台
ワープの左上の釘、風車の上の釘等が
極端に曲がっている時は要注意!!

ブッコミ付近が悪いとストロークが安定しない、
ワープ付近は、単純にワープに入らんし、
風車上は、はじかれる可能性大
上記の事からその近くの釘も大事です。

誰でもよく回る台で遊戯したいですよね?
しかしホールからするとよく回る台は、利益にならないです。
回るふうに見せてる店舗が多いです。

初心者の方は、釘の見方が難しくてもゆっくり確実に見て行けば、
意外とき気づく事は多いはずです。
しっかりと見極めて、同じ間違いしない様にしていきましょう。
回数重ねて見れば、釘の見方も簡単です。

個人的に釘見る時は、まずヘソサイズ、道釘、ハカマ辺りをサラッと見て行きます。
次にスルー、アッタカーです。出玉関係の釘は多少マイナスでも打ちます。
後は座る時に上から釘をのぞき込みます。この時からしっかり見て行きます。
座ってお金入れてる時に細かく、寄り、誘導釘見て行きます。
座ってから台移動するのもしばしば有るよ|д゚)

表面回転数もプロアマそんなに技術の差ないです。
保留に合わせ打ちだしの玉変えて、ステージに玉乗れば止める。
オーバーフロー(4個保留は5個目入らん様に)気を付けて打てば、
そんなに変わらないです。

後は電サポ中、大当たり中ここは技術の差が顕著に現れます。
このあたりのお話はまた今度書きます。

ほなAll the best♪


カテゴリー:

タグ: | | |

↓↓ ご意見・ご感想は以下よりお気軽にどうぞ! ↓↓





現在コメントはありません。