ちりちりの正攻法パチンコの勝ち方

adsense_ad(‘adhedo’)

ちりちりの正攻法パチンコの勝ち方

ちりちり
はじめまして、ちりちりです(^^) パチンコのボーダー理論で、日々稼動してます。 少し気をつける事で、パチンコは勝てます。 その事を一人でも多くの人に、伝える事と 自分の復習のために、このブログを始めました。 どうぞよろしくお願い致します。

☆質問、クレーム、
ご指摘ございましたら、

info@patinko-tiritiri.com
お問い合わせフォーム 
迄お気軽に、ご連絡下さい

些細なことでも愚痴もOK、
冷やかし大歓迎で、
心よりお待ちしています。

Popular Posts

初心者で釘の見方分からんけど、取りあえず試打

まいどです。
ちりちりです(^^)/

今回は、釘読みで初心者目線でサックと書きます。

 



個人的に試し打ちは、5000円で下ムラ考慮して、
表面回転数20回転欲しい時は17回転で迷う。
この時は、玉の跳ね方見て続行するか決める。
後打つからには、理由が有る。

パチンコで専業にやって行くには、この理由の線引きが
アマチュアとプロの違いと確信しています。

釘が分からん時は、多少損しても下ムラから入ったら
台を捨てる方が良い、最悪を考えれば捨てる方が得をする。

釘の見方が確立すれば、捨てる事を減らせるし
釘見ただけで大体の期待値、仕事量が分かってくる。

釘の見方分からんのに、パチンコ台打つ
個人的には、かなりのギャンブラーと思います。
でも釘の見方極めようとすると、かなりの時間がかかります。

しかも台のネカセも有るので、そんなこと考慮すると
極めなくてもそこそこ分かれば良いかなぁーと思う。

じゃーその「そこそこ」は、どの程度か?
0.25ミリ位かなこの大きさは、釘叩くときのゲージの規格
板ゲージってのが有って、その一枚の差が0.25ミリ
その他にも特殊ゲージ有るけど、それは無視そこまでやるときりが無い。

0.25ミリ分かりやすく説明すると歯ブラシ1本の厚さ位かな
極細じゃないよ、普通のやつ。
他には個人差有るけど少し大きめで、
指の爪切った時の断面図位

今無理って思った人、
パチンコは自分のお金で、負けても良い分だけ打ちましょう。
回りが足りててもタマタマの可能性大。

今わ無理でも頑張ろうと思った人は偉い、
真剣に取り組めば1週間から1か月で大体分かる。
後はパチンコ店巡りすれば分かってくる。

前の記事でも書いたけど
一回ゲーセンの釘見て、次に等価店で釘見て、
その違い分かったら、第一段階OK

その次に3円交換と等価の釘見て行こう。

最後はグループの店舗で開いてる釘探す。
この違い分かったら、大体の釘の見方はOK後はネカセを体感するだけ
ネカセだけは、見た目じゃわからんその店の玉の跳ね方で見極めるしかない。

1000店舗見たらいいと思うけど、
初心者にしたら1000店舗は、途方もない数かな?

先ずは25店舗見に行きましょう。
サラリーマンで夕方過ぎに仕事が終わる。
1日5店舗目安で5日で行けるはず。
色々考慮して1週間で達成できるはず。

多分この条件で行けば、少し違いが分かる
その成功体験で面白くなって、パチンコ店巡りが日課になれば
ドンドン店を回って釘を見て行きましょう。

この時に試打でも打ってはダメ
3ヶ月打たんと店巡りして、イベントとの違い
釘が開いてる日、釘が閉まってる日の違いに気づいたら、
打っていいと思う。

この時は自己責任でお願い致します。
打ち手がどんなレベルかわからんし、
どんな店で打ってるかもわからんし、
そんな状態では責任とれませんよ|д゚)

話ずれたけど、
後は回り見ながら、期待値、仕事量計算しながら、
プラスの作業を積み重ねるだけ。

ほなAll the best♪


↓↓ ご意見・ご感想は以下よりお気軽にどうぞ! ↓↓





現在コメントはありません。